スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お歳暮特集 -第2弾-

2011.12.10 15:55|商品紹介
お歳暮特集 -第2弾-は、当初、福岡県朝倉市名産「富有柿」をご紹介しようと考えていたのですが、今年はかなり不作だったようで、例年より早めに終了してしまったため、ネタ切れとなってしまいました...。


しかし、ここで引き下がってはいけません!っということで、強引に第2弾をご紹介させていただきます。




今回ご紹介する商品は、熊本県荒尾市から、入江農園さん自慢の「ヒノヒカリ有機れんげ米」です。

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳・6縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20111210151648


ヒノヒカリは、日=太陽と、そのご飯の米粒が光り輝くさまから付けられた名前であり、父にコシヒカリ、母に黄金晴の交配によって生まれました。


コシヒカリよりは小粒ですが、食味や旨みはコシヒカリには負けません!


また、やや硬めの食感とやや強めの粘りが特徴で、冷めてもおいしいと評判です。


ちなみに、コシヒカリ・ひとめぼれに次いて全国第3位の作付品種でもあるんですよ。




米=れんげ草?って思われる方が多いと思いますが、実はこのれんげ草、いい働きをするんです。


れんげ草には、根に根粒菌が共生し、空気中の窒素を固定するため、土中の窒素の供給源となっています。


ですから、とても肥料に適しているのです。


れんげ栽培と言って、稲刈り後にれんげ草を田んぼ一面に咲かせ、それがそのまま栄養いわゆる肥料になるんです。


こういったれんげ草などの肥料を有機肥料と呼ぶのですが、この有機肥料を使って米栽培をすることで、米一粒一粒の味と香りがかなり変わってきます。


また、有機肥料を使うということは、化学肥料・農薬をほとんど使わない減化学肥料・減農薬栽培になりますので、「安心・安全」なお米と言えるのです。




そんなお米食べて見たくないですか?




そして、そんな珍しいお米をお歳暮として送ってみてはいかがですか?


なかなか見かけない、れんげ米。


毎日食べるお米だし、「ありがたいわ~」って喜ばれること間違いなし!ですね。


もちろん、ご自宅用にもどうぞ~。




■熊本県荒尾産
入江農園自慢の「ヒノヒカリ有機れんげ米」
平成23年産 5kg ¥2,800-

※配送料は、お客様負担となります。


ご注文は、FAXかメールにて受け付けております。
・FAX 092-558-6506
・メール kakashiclub@chic.ocn.ne.jp

※ご不明な点、ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡下さい。

※米の大量注文は、金額、配送料等相談にのりますよ。こちらに関しましても、お気軽にご連絡下さい。
 


スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

案山子倶楽部

Author:案山子倶楽部
福岡県で野菜と人との関わり方を生み出していく活動をしています。
ここでは、案山子倶楽部の最新情報をどんどんお届けしたいと思います。

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

世界時間

為替

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

アクセスカウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
7359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
787位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。